オンラインセミナー2 ♪配信中♪

【Withコロナでできること】

リフォーム担当 小山です。

今月の“暮らしの広場 11月号”はお読みいただいたでしょうか?

何かとお家で過ごす時間が増えている日々、

家族みんなで“家事シェア”をしていきましょう~というご提案です。

 

終わりのない、“名前のない家事”

トイレットペーパーが切れたままだったり、靴が脱ぎっぱなしになっていたり、

分別ごみがグチャグチャだったり、、、。

人はいるのにイライラがつのります。

 

そういった名前のない家事を、少しでも楽にしてくれるものを使いながら、

みんなで“家事シェア”していきましょう。

暮らしの広場11月

暮らしの広場11月号をお届けいたします。

家時間が増えているこの時期を機会に、

家族で家事シェアという住まい方のご提案です。

ぜひ、ご覧ください。

 

純日本木造住宅のリフォーム

リフォームの服部です!

新型コロナの影響はまだまだ続きそうです。

手洗い、うがい、マスク、消毒は毎日のルーティーンになっていますね

岡本住建のショウルームも全社員のマスクの着用、消毒による清掃など

行っています。安心してご来場してください。

 

さて、9月より水廻りのリフォームをさせて頂いているお宅をご紹介したいと思います。

築38年純日本木造住宅のお家で立派な大黒柱、泥壁、立派な梁があります。

今回、浴室、トイレ、LDKなど水廻りメインでリフォーム中になります。

床下は土で丸石の上に束を立て床組になっていたため床が湿気らない様にコンクリートを

打設しました。 床暖房にするため床組をして、しっかりと断熱材も入れました。

もう少しで完成ですが、最後まで精いっぱい工事をしたいと思います。

完成しましたらまた紹介したいと思います。

だんだん寒くなってきて早く温かいお部屋で過ごされたいと思いますが、

その分最新の設備で堪能されお悦びになる姿がとても楽しみです。

リフォームのご相談は岡本住建 リフォーム部までご連絡ください。

暮らしの広場 10月号

”暮らしの広場 10月号” アップしました。

おうち時間が心地よくなるご提案です。ご参考にしてくださいね。

 

ご家族構成の変化とともに

リフォーム担当堀口です。

今週 増築工事のご契約を頂いたお客様宅の 一部解体工事が始まりました。

新築されてから間もないお宅の増築のご用命でしたので、

一部とはいえ 解体するのも少し気が引けてしまう部分もございますが、

ご家族構成の変化に伴い、今回の増築となられました。

 

新築の際もご担当させて頂いたお客様で、

ご検討の折は 私共もお客様もまさか増築する事になるなんて・・・っという感じでございましたが、

長いお付き合いをさせて頂ける事を幸せに思います。

 

この先も様々なご希望を持たれたお客様にお会いできるかと思いますが、

精一杯のご提案をさせて頂きたいと 改めて思いました。

暮らしの変化

まだまだ暑い日が続きそうですね、どうぞご自愛ください。

コロナ禍の影響を受けて、

やっぱり暮らしの中での意識の変化が出てきているようです。

 

住宅の見直しをしたい方は 25%ほど、

その中で、キッチン、バス、トイレなど設備を新しくしたい方が 43%と半数近く。

パソコンや、スマホを見る時間も圧倒的に増えてきたいるので、

おうち時間をもっと快適にをテーマに、色々とご提案をしていきたいと思っています。


“ENJOY YOUR ROOM”

オンラインでのイベントも今後開催する予定です。

ぜひのぞきに来てください。


 

暮らしの広場 8月号

暮らしの広場 8月号をお届けします。

ご家族皆様でぜひお読みください。暮らし方も変わりつつありますね。

 

暮らしの広場 7月号

暮らしの広場 7月号をお届けします。

コロナ後の生活を見直すきっかけになるかもしれません。

ぜひお読みください。

お家の寿命について考えてみる

本日より、大規模なリフォーム工事が2件同時に始まりました。

 

そのうちの1件が、昭和39年築57年のお家。

建て替えかリフォームかでご相談を受けたのですが、

建て主である今は亡きお父様の思い入れの詰まったお家であったことや、

立派な梁、大黒柱、建具などが使われていたので、

是非残していただきたいと思い、リフォームをお勧めいたしました。

 

古いものも味わいのあるものとして残し、

これからまた、お家の寿命が新築同様に伸びるよう、

瓦の葺き替え、外壁の貼替、基礎のやり替え、

給排水管や、電気の配線も新しくして、

でも建替えるほどゴミも出さず、部材も使いまわして。

 

お施主様も、『次の世代へ繋いでいくための、

いまできる私たちの役目です』とおっしゃっていて、とてもうれしくなりました。

 

手間がかかり、丁寧な仕事が必要にはなってきますが、

大変やりがいのある工事です。

 

ページトップへ戻る