スタッフブログ

年越しまであと一踏ん張りです。

リフォーム課の大中です。

とうとう伊吹山が真っ白になっちゃいました。本格的に冬到来です。

前回のブログでも書いたのですが、12月に入り忙しさがピークを迎えております。

お施主様に年始を気持ちよく迎えて頂く為にも、残り2週間全力で頑張りたいと思います。

屋根の葺き替え工事

すっかり寒くなりましたね。リフォーム担当 小山です。

先日まで、屋根の葺き替え工事をしておりました。

72bb454e.jpg52dc30dd.jpg

秋の快晴を期待していたのですが、今年の秋の雨の多かったこと、、、。

しかも、足場を架けてからの工事中に、2回も台風を経験し、、、やっと、やっと終わってくれたという感じで、心底ほっとしています。

天気都合なので仕方がないけれど、雨が降るだけでヒヤヒヤで、夜もお施主様から電話がかかってくるんじゃないかと電話を手元に置いてたりして。

無事に終わって本当に本当によかったです。

何というか、屋根の葺き替え工事は、一番ドキドキする工事ですよね。

大事なところを信頼していただけてるからこその工事なので、精一杯やるのみです。

ヤンマーミュージアム

リフォ-ム課 杉本隆夫

先日、孫の希望で、ヤンマーミュージアムに行ってきました。

実家の弟が定年まで働いていた会社で、小学生の頃はヤンマーディーゼルの工場見学が遠足先になっていました。

重労働の農作業を楽にしてあげたいという一念で、ディーゼルエンジンの小型化に努力され、様々な農機具を作られた山岡孫吉(まごきち)の偉大さを改めて知る事となりました。

ヤンマーミュージアムでは、トラクターやショベルカーの操作体験ができ、5歳の孫もとても喜んでいました。

img_facilities_06[1]img_facilities_05[1]

入り口に山岡さんの素晴らしい言葉が書いてありましたので紹介します。

「人生は、運・不運に左右されることも大きかろうが、それでも誠実さと、感謝の心を失わないで努力していれば、よき協力者を得て道も開け、人からも感謝されて、 美しい世界が自ずから開けてくるのではないだろうか。」

貧しい農家に生まれた山岡孫吉は、多くの困難に打ち勝ちヤンマーを創業し、燃えるような情熱とたゆみない努力によって世界的なエンジンメーカーに育てあげました。

晩年その道を振り返り、孫吉が語っていた言葉です。ヤンマーでは今もこの言葉を創業者の精神として社員一人一人が大切にしています。

雨漏れ

今日は本当に寒いです。
そろそろタイツとジャンバーがいるようです。
明日は忘れない様にしたいと思います。

先月の台風でいろいろと雨漏れがありました。
岡本住建で建てたお家ではありませんが、戦後のお家です。
原因は屋根の三晃葺き瓦棒の雪止め部で穴が開いていました。
しっかりと断定はできませんが、屋根に穴が空いているので間違いないと思います。

11-111-2

お家が老朽化しているので、屋根をやり替えようか、家を建て替えそうか、迷われると思います。

いろんな事情もあるかと思いますので、一人一人お話を伺い最善の工事をご提案させていただきます。リフォームのことなら何でもお気軽にご相談ください。

岡本住建株式会社
リフォーム課 服部
0120-731-655

下期スタート

リフォーム課の大中です。

先日の大型台風で家の前の用水路があふれ、道路がくるぶしまで水びたしになりました。サイレンは鳴るは、消防車は来るはで、かなり冷や冷やしました。

子供は初めての体験でテンションMAX。夜の1時頃まで起きてキャーキャー言ってました。家が浸水しなくてよかったです。

さて、本日は当社の29年度下期スタートの日です。

厳密に言えば11月1日ですが。1日が水曜日で営業関係が休日だったことから、本日、全社員の下期方針発表を行いました。

全社員の前で下期の方針、目標、決意を発表するのは、毎期やっていますがやっぱり緊張します。

この緊張と発表した内容を忘れず、業務に励みたいと改めて思いました。リフォーム課は特に年末忙しくなりますが、常にお客様目線で仕事をして行きたいと思います。

屋根シックイ

こんにちは、リフォーム担当 小山です。

毎年のことですが、リフォーム課は年末に向けて工事の立て込む時期となっておりバタバタしておりますが、ミスの無いようしっかり確認していきたいと思います。

ただいま羽島で築40年弱のお家の1階全般リフォームを行っております。

足場をかけたところでお家廻りを確認したところ、お施主様が心配されていた通り、漆喰が所々禿げて土が見えている状況でした。

追加でお見積りとなりますが、雨もりの原因となりうることなので、しっかり手入れをしたいところです。

みなさまのお家もお気をつけください。

 

こども食堂

リフォ-ム課 杉本隆夫

今年の秋は丁度いい時に雨が降ってくれるので、野菜も虫の害が少なく順調に育ち助かっています。

種をまいてすぐにネットを掛けておくと、ある程度大きくなってネットを外しても虫に負けずに良く育ちます。外すタイミングは早すぎても、遅すぎてもうまく育ちません。

他にも、白菜や大根、ブロッコリーのそばに剪定したマリゴールドやシソを置き虫よけに利用したり、無農薬栽培で出来るだけ手間がかからない方法を考えています。

ところで皆さん、「こども食堂」をご存じでしょうか?最近全国に「こども食堂」という活動が広がっていて、日本の子供の6人に一人が貧困状態にある事をテレビで知り衝撃を受けました。成長期の子供たちが一つのラーメンを家族で分け合う。「こども食堂」はこのような子供達に無料で食事を提供しているそうです。

知人が東京でその活動に参加しているので、先日たくさん採れた野菜を送りました。カボチャをデザート風にして出したところ好評だったそうで送って良かったと思いました。

そして最後に、初夏に垂井町のエコドームで緑のカーテン講習会でもらったオーシャンブルーの花の写真です。

普通の朝顔が終わっても毎日大きな花を次々と咲さかせています。雨の日や曇りの日は、ブルーと赤紫の花が一日中咲いていて、とてもキレイです。
PA05013910-1

これで最後

少し前に6年生最後の運動会が終わりました。小学校の運動会だけは必ず参加して、子供の成長を見てきました。

これで終わりかと思うとなんだか寂しいですが、最後に選手リレーにも出られて、結果はどうあれいい思い出になりました。

そして今年は、夏休みの宿題も親子で最後の課題だと思い一緒に取り組みました。割りばしで観覧車を作りましたが、私の方が夢中になり小学生らしくないものが出来上がってしまいました。

DSC_0047

 

 

 

なんだか「これで最後」だと思うと、力の入れようも違い、深く印象に残ります。

お家をリフォームされるときも、「これで最後」と思われている方が多いのではないでしょうか。

そんな皆さまの想い、ご要望にひとつひとつ丁寧にお応えできるよう日々取り組んでいきたいと思いました。

リフォーム課  服部

EBクロス張替工事

リフォーム課の大中です。

朝晩はだいぶ涼しくなってきました。大好きな夏が終わると思うと少しセンチメンタルになってしまいます。

さて、今回はクロス貼り替え工事の話を少ししたいと思います。

EBクロスの商品に不具合があり、現在、貼り換え工事をしています。

先日、小さいお子様がみえるお施主様に

「めくる部分に落書きしてもいいですか?」

と言われ、子供たちが壁一面に描いてくれた絵がとてもよかったので、それ以降、他のお施主様にも一言声をかけるようにしています。

3d23487b.jpge38349b7.jpg

e466e627.jpg

こんな経験なかなかないですよね。大きなキャンバスに自由に絵が描けるので、子供たちはとても喜んで描いています。

せっかく描いてくれた絵をめくってしまうのは、少し抵抗がありますが、2週間以上の工事になるため、いろんな制限がある中、少しでも楽しんでもらいたい。センチメンタルな気持ちも晴れやかな気持ちになってもらえるようなやりとりを大切にしたいと思っています。

まだまだ続くEBクロス貼り替え工事ですが、少しでもお施主様の負担がないように頑張っていきたいと思います。

壁紙で模様替え

こんにちは、リフォーム担当 小山です。
すっかり秋らしい季節になってきました。

毎年そうですが、リフォーム部隊は秋から年末まで
怒涛の工事が続きます・・・・・。

5e2614d4.png34f566de.png

こちらの写真は、先日工事させて頂いたお施主様宅です。

壁紙を張り替えただけですが、お家が全く新しく生まれ変わったようでした。

お施主様のセンスの良さに脱帽です。
本当に素敵でした。

ページトップへ戻る